オープンシンポジウムの開催にあたり

On the occasion of the Open Symposium

世界が大きくカーボンニュートラルに動く中、水素・燃料電池を取り巻く情勢も大きく変化しております。
このような中、日本においても産学官の連携を強化し、研究開発の基盤を強化していくことが必須となっており、そのための機会創出の一つとしてオープンシンポジウムを開催しております。
燃料電池に関する産業界の技術課題を共有し、その解決のために幅広い知見を結集することを目的としておりますので皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

オープンシンポジウム画像

開催のガイドライン

Guidelines for Holding

1.著作権の保護について

  1. 著作権保護の観点から、Web開催中に配信される発表映像の写真撮影、録画および録音と、これを用いた引用、転用、配信、公開を禁止いたします。

  2. 主催者が許可した場合を除き、聴講参加用(接続先情報)URLを第3者へ展開することを禁止いたします。

    ※参加申込者以外の方が接続先に入室された場合は、管理者側で削除いたします。
    ※ストリーミング配信など公開コンテンツにつきましては主催者がご案内する指示に従ってください。

  3. 各種シンポジウムでの参加者管理業務で利用すること

  4. 公開可能な講演資料についてはFC-Cubicホームページ上に掲載いたしますが、引用等につきましては著作権を有する各講演者/団体の判断となります。引用のご希望がありましたら、講演者様へお伝えしますので、下記までお問い合わせください。

2.講演者の方へ:共有資料等への配慮について

 他人の著作物の無断使用とならないよう、引用として出典を明確にすることはもちろんのこと、イベントでのオンラインでのご発表は自動公衆送信による再送信とみなされることを踏まえた内容の事前確認が必要となります。考慮すべき範囲は、イベント参加者の範囲によっても変わりますので、主催者に問い合わせいただき所属する大学、団体、企業等内部で十分な確認をお願いいたします。
 また、発表者のご所属が企業の方の場合や、大学でも受託研究・共同研究などで、事前に発表の形式、聴衆の範囲などの許可を取っている場合、開催形式がオンライン発表に切り替わった場合には、再度の許可手続きが必要である場合があるため、ご所属の機関に適宜ご確認ください。 特に輸出貿易管理令に抵触する内容の場合などでは、オンラインでの配信は許可されないこともありますので、発表者におかれましては十分にご注意下さいますよう、お願い申し上げます。 上記内容のお問い合わせにつきましては下記までお問い合わせください。